~自分でやってみよう!~

【簡単】フリップダウンモニターの取付け方法 30プリウス(前編)

2020/06/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
めーパパ
1983年生まれ A型 もうすぐ2児のパパとなります。 父親の車好きが影響し、独学にて車の整備を始めました。 私の経験が皆様のCarライフの参考になればと思い、このブログを立ち上げました。 なかなかペースが上がりませんが、コツコツと更新していきます。 応援よろしくお願いします。

今回は30プリウスにフリップダウンモニターを取り付けていきます。

取り付ける物はコレ

!!!?

メーカーも仕様も全く不明なモニターです(笑)

後部座席のチャイルドシートで見づらそうにナビのDVDを観ていた娘のために、職場の友人がジモティーにて買い付けてきてくれました。

多分海外製で取説などは一切無しですが、今回も張り切っていきましょう!!

みなさんは是非レビューがいい有名どころを購入してくださいね(笑)

かと言ってメーカー物は高いので↑くらいが丁度いいのではないでしょうか?

予算のある方はアルパイン等考えてみて下さい。

ナビの映像出力端子に合わせてモニターの入力端子を選べば基本どんな商品でも取付け可能です。…頑張れば(笑)

RCA端子、HDMI端子のどちらかもしくは、両方ともに対応しているかと思います。

ナビの取説で確認してください。

まずはマスキングテープを天井のクリップの間に貼り付けます。

クリップ間の中心を狙ってカッターナイフで切り込みを入れると↑の感じで5個穴の開いたフレーム部が見えてきます。

天井を切り込む時に少しビビりますが、傷跡はフリップダウンモニター本体で隠れるため適当で大丈夫です。

天井に穴が空けれたら配線を通します。

本来ならば天井フレームに這わせるのが正解かと思いますが、今回はダイレクトにAピラーまで通していきます。

ケーブルを通しやすくするため天井のクリップを外します。

続いてサンバイザーの根本も外します。

この黒いクリップは紛失しがちなため、外して分かりやすいところへ保管しておいて下さい。

助手席側Aピラーを外していきます。

これは運転席側の動画ですが、助手席側も同じ要領です。

針金ハンガーを分解して自作した配線通しにケーブルをテープで巻き付け、Aピラーから天井穴へ通していきます。

市販の配線通しを購入されても良いかと思います。

天井クリップを外しておくとこの様に簡単にケーブルを通すことができます。

続いてナビ周辺のパネルを外していきます。

ナビ取付け編でも活躍しましたが、やはり10mmナットドライバーは便利ですね。

インパネボックスも外します。

自分の顔めがけて引っ引っ張ると外れます(笑)

Aピラー内のエアバックに干渉しない様にケーブルを這わせ、インパネボックス裏に通していきます。

インパネボックス内のエアバッグにも注意します。

ナビ裏の穴から手を突っ込み、インパネボックス裏に這わせたケーブルを引き抜きます。

↑の画像はナビ交換編のものを使いまわしているためナビを取り外していますが、ナビのコネクタ類は付けたままで大丈夫です。

付属のRCAケーブルがナビ裏まで届かなかったため、延長させました。

3本の端子の内、黄色のケーブルをはぎ取れば大丈夫です。

今回の作業はモニターを調達してくれた友人も手伝ってくれています。

彼も元プリウス乗りですが、手際が良くいつもの3倍速で作業が進んでいきます。

なぜか友人の車に乗り込み、窓から応援している我が娘でした(笑)

それでは今回はここまでとさせて頂きます。

次回は意外な方法でフリップダウンモニターをプリウスの天井に固定させてみせます!!

お楽しみに(^^♪

更新しました。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
めーパパ
1983年生まれ A型 もうすぐ2児のパパとなります。 父親の車好きが影響し、独学にて車の整備を始めました。 私の経験が皆様のCarライフの参考になればと思い、このブログを立ち上げました。 なかなかペースが上がりませんが、コツコツと更新していきます。 応援よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気ままにDIY 車とパナホームの暮らし , 2020 All Rights Reserved.