~自分でやってみよう!~

【DIY】クーラント(冷却水)の交換方法 LA600S タントカスタム編

2021/09/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
めーパパ
1983年生まれ A型 2児のパパです。 10代から趣味で車の整備を始め、コツコツと独学で知識を増やしております(^^) 私の経験が皆様のCarライフの参考になればと思い、このブログを立ち上げました。 なかなかペースが上がりませんが、少しずつ更新していきます。 応援よろしくお願い致します。 DMやコメントお待ちしております(^^)/ ブログ内でご不明な点がございましたらお気軽にメッセージ頂ければと思います。 全力でアドバイスさせて頂きます(^^ゞ コメントはブログの最終ページ、DMはホーム内の「お問い合わせ」からお願します。

今回はLA600Sタントカスタムのクーラント(冷却水)の交換を行います。

クーラントの交換は2年に1回が目安です。※最近の車はスーパーLLCが使われている事が多く長期間交換不要な車両もあります。車の取説をご確認ください。

これもよく車検で勝手に?交換され工賃を車検代に上乗せされている作業の1つですので是非DIYでチャレンジしてみて下さいね!

クーラントの交換は必ずエンジンが冷えている時に行って下さい!

ラジエターキャップを外す時にクーラントが噴き出し火傷する可能性があります。

それでは早速(^^♪

車両をジャッキアップしてもよいのですが、地味に手間ですのでカースロープを使いました。

 非常に作業が楽になります。

オイルエレメントの交換などにも活躍しますので是非ご購入いただければと思います(^^♪

赤矢印の辺りから頭を突っ込むとラジエーターの下にプラスチックのドレインボルトがあります。

このドレインボルトをコインなどで緩めます。

車両内のクーラントが排出されますので受皿をご用意ください。

私のお勧めはコレです。

 アストロプロダクツの廃油受けですが、値段も安いですしメモリも付いているため抜けた廃液量が一目で分かります。

ラジエターキャップを外すと勢いよくクーラントが排出されます。

冷却水を抜いている間にリザーブタンクを取り外します。

10ミリのボルトで固定されていますのでボックスレンチなどで外します。


 私はこんなナットドライバーを使っています。

日本の車はよく10ミリのボルトが使われているので1本工具箱に入っていると便利です(^^♪

リザーブタンクを左右に揺らしながら抜き取るイメージで外します。

それにしてもかなり汚れています(;’∀’)

この辺りはDIYの強みですね。

水洗いでキレイになりました(^^)/

多分ですがディーラーではここまでやってくれないのではないでしょうか?

やってくれてたらすみません(;’∀’)

洗い終わったらリザーブタンクを元に戻します。

こんな事をやっているうちに冷却水の排出が止まりました。

ぴったり2L抜けました。

タントカスタムの冷却水量は3.5Lですので約1.5Lが未排出の状態です。

残りのクーラントを抜くために水道水を入れてエンジンを回す方もみえますが、私はお勧めしません。

クーラントの希釈率が分からなくなりますし、個人的な考えとしては抜いたクーラント分を補充し、しっかり2年に一回交換を行えばそれなりにキレイな状態が維持できると思っております。

どうしても全量抜かないと気が済まないという方は、今回の作業を3~5回繰り返り返して下さい。

てな訳で新しいクーラントLLC(ロングライフクーラント)を入れていきます。

今回使用したのはコレです。


 お住まいの気温に合わせて精製水で希釈してください。

希釈は水道水でも大丈夫という方も多いですが、水道水にはカリウムやカルシウムなどのミネラルが含まれています。

ポットのあの水垢はミネラルが固まった物です。

ラジエターやウォーターポンプがポットの汚れみたいになってたら嫌ですよね(/ω\)


是非精製水を使って下さい。


面倒な方は希釈済のLLCも売っています。

車両下のドレインボルトをコインで締め希釈したLLCを入れていきます。

ペットボトルで代用する方もみえますが、是非専用のツールをお使い下さい。

作業効率が段違いです。

アストロプロダクツのクーラントチャージャーキットです。

使い方は簡単です。

ラジエターキャップと同じサイズのアタッチメントを装着し、ボトルを差し込めば準備完了です。

ペットボトルでやるとリザーブタンク側へ入れたクーラントが流れ込んでしまいますが、このツールを使うとそれが起こりません。

熱でペットボトルが変形する事もありません。

ボトルのコックを開け、抜けた2Lプラス0.5L程新しいクーントを入れます。

エンジンをかける前にラジエターに繋がっているホースを手で揉みます。

出来れば車両下のホースも揉んでください。

ホース内のエアーを出来るだけ抜いてからエンジンをかけることで、効率よくエアー抜きができるうえオーバーヒートなどのトラブルも防ぐ事ができます。

ここまで出来たらエンジンをかけます。

外気、暖房MAX、エアコンOFFに設定します。

暖機に時間がかかりますのでアクセルを少し踏み、エンジンの回転数を上げてあげると時短になります。

暖機してくるとボトル内にエアーが排出され始めます。

ラジエターのファンが回り始めたら暖機完了の合図です。

ボトル内のLLCがこぼれないようにコックを締めて取り外します。

ペットボトルでやるとダダ洩れします(/ω\)

ラジエターキャップを締めて、余ったLCCをリザーブタンクに入れMAX位置に合わせたら完了です。

今回はボトル内のクーラントにゴミが浮いていたため、新しい冷却水を入れました。

さては前のオーナー交換をさぼってたな( `ー´)ノ

最後にエンジンルーム内にこぼれたLCCがあれば水道水で洗い流して下さい。

これ放置すると独特な甘い匂いがします。

しばらく走行した後にリザーブタンクの量が減っていた時にはLCCの継ぎ足しをお願いします。

抜き取ったクーラントですが必ずディーラーに引き取ってもらうか、適切に処理をして下さい。


こんな粉を使うと可燃ごみにも出すことができます。自治体によりますが(;’∀’)

クーラントは毒物ですので排水として流すのは違法です!!

絶対にやめて下さいね(^^)/

それでは今回も最後までお付き合いありがとうございました(^^♪


 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
めーパパ
1983年生まれ A型 2児のパパです。 10代から趣味で車の整備を始め、コツコツと独学で知識を増やしております(^^) 私の経験が皆様のCarライフの参考になればと思い、このブログを立ち上げました。 なかなかペースが上がりませんが、少しずつ更新していきます。 応援よろしくお願い致します。 DMやコメントお待ちしております(^^)/ ブログ内でご不明な点がございましたらお気軽にメッセージ頂ければと思います。 全力でアドバイスさせて頂きます(^^ゞ コメントはブログの最終ページ、DMはホーム内の「お問い合わせ」からお願します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気ままにDIY 車とパナホームの暮らし , 2021 All Rights Reserved.