~自分でやってみよう!~

激安カーポート!?キロで施工してみたレビュー

 
この記事を書いている人 - WRITER -
めーパパ
1983年生まれ A型 2児のパパです。 10代から趣味で車の整備を始め、コツコツと独学で知識を増やしております(^^) 私の経験が皆様のCarライフの参考になればと思い、このブログを立ち上げました。 なかなかペースが上がりませんが、少しずつ更新していきます。 応援よろしくお願い致します。

今回は以前カーポートの見積もり合戦にて、見事に勝利したキロで実際にカーポートを建ててみたので当日の様子をレビューしたいと思います。見積もり合戦の記事はこちら

カーポートのメーカーはYKKのレイナツインポートグランという乗用車2台用の物を選びました。

激安と言ってもしっかりとしたメーカーの商品です(^^♪

 カーポートの高さは迷いましたが、たまたま近所にノーマルとハイルーフのタイプのカーポートが隣同士で並んでいる住宅があり、並べて比べるとやはりハイルーフが良く見えますね(;’∀’)

てな訳で少し値段は上がりますが、ハイルーフタイプをお願いしました。

我が家は外構完了後にカーポートを後付けする予定でしたので、土間コンクリート間に隙間を空けてあります。

これでせっかくの土間コンクリートを破壊されずに済むという訳です。

当日はおっちゃん一人での作業です。

朝9時半から作業が開始されました。

まずは柱を埋める穴あけ作業です。

凄い音をたてて穴を空けていきます。

そして覗いてびっくり(;’∀’)

砂利の下は土かと思いきや、コンクリートでしたね(‘Д’)

穴あけがコンクリートの場合、ハツリ工事費が別途請求させるとの誓約書の記載を思い出してゾッとしましたが、おっちゃんからはそんな言葉は一切なく黙々と作業を進めています。

まぁ、そっとしておこう(笑)

掘って出た土は全て土嚢に入れてくれました。

見積もりに時に有料で廃土処理を依頼しましたが、これはお願いして正解でした。

おっちゃん曰く、柱1ヶ所につき一輪車一杯くらいの廃土が出るとの事。

自分では処理に困ります。

昼前には骨組みが完了しました。

午後2時には屋根が付いていました。

あとは柱の穴にコンクリートを流し込み、砂利をかぶせたら完成です(*’▽’)

午後の4時にはおっちゃんは帰っていきました。

熱線遮断の板で太陽の光はかなりマイルドになりました。

晴天でも優しい光ですね。

これで真夏でも家族と車を守ってくれそうです(^^♪

今回は236,000円という激安施工でしたが、後日保証書がメールで送られてきました。

商品保証2年、工事保障10年!!

商品はしっかりとしたメーカーの物ですし、10年の工事保証が付くのは嬉しいですね(^^♪

結局ハツリ工事の請求はされませんでした( ´艸`)

サービスかな?

それでは今回も最後までお付き合いありがとうございました。

これから新築や外構をお考えの方の参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
めーパパ
1983年生まれ A型 2児のパパです。 10代から趣味で車の整備を始め、コツコツと独学で知識を増やしております(^^) 私の経験が皆様のCarライフの参考になればと思い、このブログを立ち上げました。 なかなかペースが上がりませんが、少しずつ更新していきます。 応援よろしくお願い致します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気ままにDIY 車とパナホームの暮らし , 2021 All Rights Reserved.