~自分でやってみよう!~

30プリウスを整備モード(メンテナンスモード)に入れる方法 エンジンを停止させない方法

2018/06/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
めーパパ
2017年1月に新米パパとなり、現在パパ活真っ最中です!!

 

プリウスでユーザー車検を通す際、排気ガス測定時に整備モード(メンテナンスモード)に入れる必要があります。

[2018年]ユーザー車検 完全マニュアル (検査レーン編)

必ずサイドブレーキをかけてから行ってください!!

  1. スタートスイッチ(POWER)を2回押す。(ブレーキは踏まない)(POWERボタンがオレンジに点灯)
  2. アクセルを最後まで踏み込む×2回
  3. ブレーキを踏みギアをニュートラルにする。
  4. アクセルを最後まで踏み込む×2回
  5. ギアをパーキングにして、アクセルを2回踏み込む
  6. ブレーキを踏みスタートスイッチを押す。

以上の操作を60秒以内に行うと整備モードに切り替わり、エンジンが常にかかっている状態になります。

スタートスイッチをOFFにすれば整備モードもOFFになります。

排ガス測定が終了したら整備モードは使いません。

20プリウスも操作方法は同じです。

プリウスα エンジン入れる方法 ユーザー車検 簡単 エンジンをストップさせない方法

この記事を書いている人 - WRITER -
めーパパ
2017年1月に新米パパとなり、現在パパ活真っ最中です!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気ままにDIY パパ活子育てブログ , 2018 All Rights Reserved.