~自分でやってみよう!~

プリウスにデジタルインナーミラーを付けてみたレビュー

 
この記事を書いている人 - WRITER -
めーパパ
1983年生まれ A型 2児のパパです。 10代から趣味で車の整備を始め、コツコツと独学で知識を増やしております(^^) 私の経験が皆様のCarライフの参考になればと思い、このブログを立ち上げました。 なかなかペースが上がりませんが、少しずつ更新していきます。 応援よろしくお願い致します。

今回は以前取付けを行ったデジタルインナーミラー(デジタルルームミラー)のレビューを書きたいと思います。

取り付け方法はこちら

購入した商品はこちら

 中身はこんな感じです。

まだ後付けの日本製は出てこないですね(;’∀’)

海外製の商品は機能面では素晴らしいのですが、耐久性や不具合時の保障がイマイチな印象です。

まさに今回は海外製の洗礼を受けました( ;∀;)

ご存じの方も多いかと思いますが、デジタルインナーミラーは後方に付けたカメラで撮影し、それを映像としてルームミラー部に取り付けたモニターに映し出す物です。

そのため本体に差し込んだSDカードに後方映像の録画ができるため後方用のドライブレコーダーの代わりとなる訳です。

今回購入した商品は、この録画ができない初期不良品を見事に引き当ててしまいました( ;∀;)

ショップに連絡すると往復の送料をこちらが負担するなら交換するとの回答。

私の地域からの往復の送料となると約3000円弱の出費となります(;’∀’)

3000円だと日本製の中古のドライブレコーダーが買える事もあり、迷いに迷ってその他の機能は正常であるため、今回はこのまま交換せずに取付けを行いました。

海外製はこんな事を覚悟で買わないとやっていけませんね(*’▽’)

まぁ気を取り直してレビューしていきます!

まずは設置前の純正ミラーの画像

ただでさえ後方が見えづらいプリウスですが、子供たちのチャイルドシートが視界に入り、更に見えづらくなっております(;’∀’)

以前取り付けたフリップダウンモニターを下した際にはもう壊滅的です(笑)

フリップダウンモニターの取付け方法はこちら

デジタルインナーミラー設置後

雲泥の差ですね!!

はっきりと看板の文字も読めます。

それでは走行して行きます!!※運転しながら撮影は行っていません。撮影者が別にいます。

まずは晴天昼間の映像。

バッチリ後方車両のナンバーが確認できます。

ナンバーどころか後方運転者の顔の表情まではっきりと分かります(;’∀’)

さすが200万画素!!怖っ

ミラーへの映り込みもほとんど気になりません。

映り込み防止フィルムが同封されていましたが私には必要無さそうです。

続いて夜間走行時の映像です。

夜間もナンバー及び運転者の顔もはっきり確認できます。

期待値以上の画質です。

今回リアのカメラ位置を車外に設置したため、雨の日の走行が気になります。

設置場所はリアスポイラーの下です。

リアスポイラーの下は正解でした(^^♪

水滴も防げてはっきりと映っております。

夜間の雨天時です。

雨粒までしっかりと見えます。

意外と水滴は付きません。

そして夜間大雨時

さすがに見づらいですね( ;∀;)

しかし純正のルームミラーよりはマシだと思います。

そして雪の日です。

私の住んでいる地域はそこそこ雪が降るため、朝起きるとこんな感じにリアガラスが仕上がっております。

リアワイパーの付いていないLグレードのプリウスの後方視界はほぼ0です。

雪の日でも問題なさげです。

前方が霧で覆われており視界不良の中、まさかの後方の方が見やすいという奇跡が(笑)

これは取り付ける場所の問題ですが、夜間にブレーキを踏むと画面が赤くなります。

ブレーキランプの下にカメラを設置しているので当然ですが(*’▽’)

違和感はありましたが、1ヶ月も経つと慣れました。

最後にバック時の映像です。

本来は車両のバックライト線にデジタルインナーミラーの配線を繋ぐと、ギアをバックに入れた時にカメラ画像が車両下方へ切り替わる機能がついております。

今回はナビのバックカメラがあったため配線はしませんでしが、カメラ画像を最下方にして実験したいと思います。

赤矢印先端アスファルトの緑線に注目下さい。

バックカメラの画像とデジタルインナーミラーの画像の緑線の位置が大きくズレています。

これはデジタルインナーミラーのモニター画像を最下部へ切り替えた画像のため、バックライトへ配線を行った場合バック時はこのような映像となておりました。

もしバックカメラも兼ねて使いたい方はカメラのステーを下方へ向けて設置するか、取付け位置を変更された方が良いかと思います。

バックカメラのガイド線を緑線の位置まで後退させると、デジタルインナーミラー映像の緑線はフレームアウトしました。

無理に配線しなくて正解でした。

危うく無駄にバックライト線を傷つけるところでした(;’∀’)

あと気になった事は、商品説明にはLED信号機対応とありますがバッチリ信号はどれも点滅して映ります(;’∀’)

まぁ私の場合そもそも録画できないので全く問題はありませんが(笑)

今回のレビューは参考になったでしょうか?

録画ができないという見事にハズレを引いた事以外は、値段以上に使える商品かと思います。

後は耐久性ですね(*’▽’)

12インチのワイド画面で後方視界はかなり良くなりましたし、200万画素の高画質で後方の見てはいけない物も今後見てしまうような気がしてなりません(笑)

白のプリウスが前方にいたら要注意!!

見てますよ~(@_@)

たまにはこんな感じで締めたいと思います(笑)

それでは今回も最後までお付き合いありがとうございました( ^^) _旦~~

この記事を書いている人 - WRITER -
めーパパ
1983年生まれ A型 2児のパパです。 10代から趣味で車の整備を始め、コツコツと独学で知識を増やしております(^^) 私の経験が皆様のCarライフの参考になればと思い、このブログを立ち上げました。 なかなかペースが上がりませんが、少しずつ更新していきます。 応援よろしくお願い致します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気ままにDIY 車とパナホームの暮らし , 2021 All Rights Reserved.