~自分でやってみよう!~

激安品は注意!?室内灯をLEDに交換!!30プリウスルームランプの交換方法 レビュー

 
この記事を書いている人 - WRITER -
めーパパ
1983年生まれ A型 もうすぐ2児のパパとなります。 父親の車好きが影響し、独学にて車の整備を始めました。 私の経験が皆様のCarライフの参考になればと思い、このブログを立ち上げました。 なかなかペースが上がりませんが、コツコツと更新していきます。 応援よろしくお願いします。

前回のヘッドライトバルブをLEDバルブに交換編に引き続き、今回は室内灯をLEDへ変更してみました。

突然ですが、そこそこ安くてそれなりにイイ物…

DIYをやられている皆さんにとっては大好きな言葉ではないでしょうか?(笑)

今回はまさにそんな商品を見つけましたので報告したいと思います。

 SHARE×STYLE(シェアスタイル)というブランドから販売されています。

基本のセットは1~4のフロントルームランプ、リアセンターランプ、ラゲッチランプ、付属品等となっており、5~8のLEDはオプションで別に料金がかかるシステムとなっています。

今回は1~3の基本セットの取り付けを行いました。

これより安い商品はいくらでもありますが、専用設計と謳っているにもかかわらず汎用品でピッタリ装着出来なかったり、コネクタの形状が異なっている商品もあり信頼性に欠ける物がたくさん出回っています。

そもそも30プリウスは年式によってルームランプのコネクターが違うのはご存じでしょうか?

これを知らずに激安LEDを購入し、失敗されている方を多く見かけます。

必ず購入前にご自身でコネクタの形状を確認の上ご購入ください!!

年式によりコネクタの形状が異なるのはリアセンターランプ、ラゲッチランプ(トランクのランプ)です。

ランプカバーを外して確認します。

まずはリアセンターランプカバーの外し方です。

赤矢印の先端に小さな穴があるのが確認できます。

そこに先端をビニールテープで養生した精密ドライバーを突っ込みゆっくりと取り外します。

私のプリウスはフューズ管タイプでした。

年式が新しくなると、T10の差し込み口タイプとなります。

続いてラゲッジランプ(トランクのランプ)の外し方です。

同じく養生した精密ドライバーで、スイッチ横にある穴に突っ込みゆっくりと取り外します。

さらにプラスチックのケースを精密ドライバーでこじ開けるとランプが現れます。

ラゲッジランプもフューズ管タイプでした。

2015年1月以降の製造だとT10タイプとなるようですね。

 

シェアスタイルのLEDは購入時にコネクタ形状が選択できます。

これ結構大事ですよね!?

コネクタの形状が選択できない商品も数多く出回っていますので注意してくださいね!!

それではやっとここから取り付けしていきます。

届いた中身はこんな感じです。

黒いプラスチックの2本のスティックは専用のランプ外しの様ですが、正直私には使いづらく養生した精密ドライバー1本にて全ての作業を終えました。

取付けは本当に簡単です。

こんな感じで10分あれば素人でも出来てしまいます!

フロントルームランプカバーの外し方です。

赤矢印先端の穴に精密ドライバーを突っ込みゆっくりカバーを持ち上げます。

コネクターを接続し、必ず点灯を確認してからLEDの両面テープを貼り付けます。

両面テープを貼り付けた後に極性が逆な事に気が付くと大変ショックです(汗)

さすが専用設計ですね!!

見事にピッタリです。

続いてリアセンターランプ

そしてラゲッジランプ

Before

After

Before

After

雲泥の差とはこの事でしょうか。

現在取り付け2ヵ月目ですが、不具合は全くありません。

そしてこの商品1年の保証が付いております。

そこそこの価格でイイ商品

これからも増えるといいですね!

それでは今回も最後までお付き合いありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
めーパパ
1983年生まれ A型 もうすぐ2児のパパとなります。 父親の車好きが影響し、独学にて車の整備を始めました。 私の経験が皆様のCarライフの参考になればと思い、このブログを立ち上げました。 なかなかペースが上がりませんが、コツコツと更新していきます。 応援よろしくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気ままにDIY 車とパナホームの暮らし , 2020 All Rights Reserved.