~自分でやってみよう!~

共回りを防止する方法 タイロッドエンドブーツ交換編

2021/09/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
めーパパ
1983年生まれ A型 2児のパパです。 10代から趣味で車の整備を始め、コツコツと独学で知識を増やしております(^^) 私の経験が皆様のCarライフの参考になればと思い、このブログを立ち上げました。 なかなかペースが上がりませんが、少しずつ更新していきます。 応援よろしくお願い致します。 DMやコメントお待ちしております(^^)/ ブログ内でご不明な点がございましたらお気軽にメッセージ頂ければと思います。 全力でアドバイスさせて頂きます(^^ゞ コメントはブログの最終ページ、DMはホーム内の「お問い合わせ」からお願します。

車のタイロッドエンドブーツ交換する際、ナットとタイロッドエンドとが共回り(一緒に回転)してナットを外す事が出来なくなった経験はないでしょうか?

実はこれ簡単に防止する事ができます。

インパクトレンチで一発なんてよくネットの記事には出ていますが、今回はインパクトレンチを使用せずにタイロッドエンドとナットの供回りを防止する方法を紹介します。

使用する工具はコレです。

 ストレートのタイロッドエンドセパレーターです。

この工具は本来タイロッドエンドとナックルを分離させる為のツールですが、今回はこれを応用してボルトの共回りを防止したいと思います。

タイロッドエンドブーツを交換する際には必要な工具ですので是非ご購入下さい。

使い方はこんな感じです。

タイロッドエンドとナックルを一緒にタイロッドエンドセパレーターで挟みます。

タイロッドエンドセパレーターのボルトを締め込むと、タイロッドエンドとナックルが押さえつけられボルトが回転することなくナットを締めることができます。

こんな感じでメガネレンチでナットを緩めるもしくは締込みます。

このようにインパクトレンチがなくても共回りは防止する事ができます。

タイロッドエンドブーツの交換は意外と簡単です。

是非DIYで挑戦してみてください(^^)/

タイロッドエンドブーツの交換方法はこちら



 

この記事を書いている人 - WRITER -
めーパパ
1983年生まれ A型 2児のパパです。 10代から趣味で車の整備を始め、コツコツと独学で知識を増やしております(^^) 私の経験が皆様のCarライフの参考になればと思い、このブログを立ち上げました。 なかなかペースが上がりませんが、少しずつ更新していきます。 応援よろしくお願い致します。 DMやコメントお待ちしております(^^)/ ブログ内でご不明な点がございましたらお気軽にメッセージ頂ければと思います。 全力でアドバイスさせて頂きます(^^ゞ コメントはブログの最終ページ、DMはホーム内の「お問い合わせ」からお願します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気ままにDIY 車とパナホームの暮らし , 2021 All Rights Reserved.